フリーランスは視野を広げて不安を解消する

独立してからわかるフリーランスの不安

フリーランスの不安を解消!

/

  • 「集中力」を高めて生産性向上「集中力」を高めて生産性向上

    フリーランスはいかに生産性を上げることができるか、がとても重要なポイントです。効率の悪さや生産性の低さは収入の悪化だけでなく、自信喪失にもつながります。集中力を高めて生産性を向上するコツを紹介します。

  • 必須条件を決め視野を広げる必須条件を決め視野を広げる

    フリーランスという働き方で手に入る最大の魅力は「自由」です。にも関わらず、自ら自分の行動範囲を狭めていませんか?フリーランスという自由な立場だからこそ、柔軟性をもって視野を広げれば、金銭面の不安を解消できるかもしれません。

  • 漠然とした不安への対処法漠然とした不安への対処法

    フリーランスとして働きだしたものの、将来のことなどあらゆることに漠然と不安を感じている場合の解消法を紹介します。考えて解決できる悩みごとなのか、それとも漠然とした不安なのか、冷静に見つめてみましょう。

  • TECH TECH

  • レバテックフリーランス

THEME TITLE

必須条件を決め視野を広げる

必須条件を決め視野を広げる

副業にチャレンジする

フリーランスになりたてのころは仕事が少なく金銭面の不安が付きまといます。営業活動を頑張って仕事を増やしたいところですが営業活動中のお金は入ってきません。また営業がうまくいかなかったら、たちどころに生活に困ってしまうでしょう。そんな時は一回開き直ってみて「何でもいいからお金を稼いでみよう」と思ってみることです。「副業をして視野を広げよう」という感覚でもいいかもしれません。まずは生活に必要なお金を稼ぐことが最重要課題ですし、本当の意味で何をして稼いでもいいのがフリーランスという立場だからです。ただし注意をしたいのは「本業をおろそかにしない」という事です。
プログラマーとしてのスキルを武器にフリーランスになったのに、副業ばかりやってプログラマーの仕事をしないというのでは本末転倒になります。副業はあくまで副業です。本業よりはお金を稼ぐことができません。迷走状態にならないためにも必須条件を書き出して自分なりのルール作りをすることをおすすめします。「副業は週に二日まで」「10万円稼いだらその月はおしまいにする」などです。あくまで本業で成功するための副業だということを自覚しながら行いましょう。


アルバイトや契約社員をする

もっとも仕事を探しやすいのがアルバイトだと思います。アルバイト求人サイトは無数にありますし、自分の本業や本業に近い仕事の求人もみつかるでしょう。アルバイトの利点は求人を出す側もフルタイムで働いてほしいと思っていない点です。「週二日だけ」「午前中だけ」など条件も自分で選ぶことができると思いますのでおすすめです。もっとがっつり稼ぐ場合は契約社員になるという選択肢もあります。アルバイトよりも報酬が多いので短時間でお金を稼ぐことが可能です。ただし契約社員の場合はフルタイムに近い拘束時間をとられる場合があるので注意が必要です。「3回まで」など最初に自分で決めた条件を守れる場合だけこの方法を選択してもいいと思います。


アフィリエイトをする

アフィリエイトは副業の王道のような仕事です。基本的にはブログや記事などを書いて、そこで紹介した商品やサービスをブログの読者が買ってくれた場合に商品のクライアントから報酬を得る事が出来ます。またブログや記事の周囲に張った広告をクリックした場合に報酬が手に入るケースもあります。パソコンがあれば誰にでも始めることができるので本業の合間にコツコツと記事を書いていき、一定の読者数が付いた時に成果が出始めると思います。本業を邪魔せずにマイペースで仕事をできるという点で優れた方法ですし、うまく運営するとかなりの報酬を毎月得ることが出来ますのでチャレンジしてみてもいいのではないでしょうか。

TOPICS

人気記事

仕事の質を確保する「スケジューリング」

フリーランスは仕事の不安をなくすためにも「スケジューリング能力」を高める事が大切です。仕事がなくて不安な時期もあれば、仕事の依頼が一時期に集中してアップアップになってしまうこともあるのがフリーランスのつらいところですよね。一人でこなしていると仕事が集中してしまうことによりミスをしてしまうこともありえます。仕事の質を保つためにはスケジュール管理能力が不可欠なのです。予想外のことが起きても対応できるよう、常に少し余裕をもったスケジュールを組みましょう。続きを見る

節税で老後の資金を貯蓄

フリーランスの不安定な収入の中から老後の資金を貯蓄するのは思っている以上に負担になる場合があります。フリーランスの資金を圧迫する大きな要素が税金です。会社員なら所得税は月々の給料から自動天引きされるため負担に感じることもありませんが、フリーランスの場合は一年分の所得税を一括納付しなければならないため、利益が大きかった年の翌年は資金を用意しておかなければならないのです。余分な税金は納めなくて済むように、節税知識はしっかり身につけておきましょう。続きを見る

重要なのはプラス思考

フリーランスは基本的に不安になることが多いものです。とは言え、くよくよと悩み続けてしまうと自分自身の不安に押しつぶされてしまいます。フリーランスは切り替えの早さと行動力が重要です。マイナス思考に陥ってしまうと、あれこれ不安になって身動きがとれなくなってしまいます。もちろんリスク管理意識をもって考えるべきことを考えるのは大切なことですが、そのことによって行動力が鈍ってしまうのは考えものです。プラス思考で乗りきりましょう。続きを見る

特集記事

退職金は小規模企業共済でカバー

「退職金がない」というのもフリーランスの不安要素のひとつです。廃業時やリタイア後の資金を自ら貯めておかなければなりません。このような老後の金銭面の不安解消には小規模企業共済が役立ちます。小規模企業共済は個人事業主の退職金がわりになるもので、月々の掛け金は1,000円から500円きざみで加入できます。自分の収入に応じて負担にならない金額から始められるというのはフリーランスにとって大きなメリットといえるでしょう。続きを見る

常駐案件で営業いらず

金銭面の不安、孤独の不安に襲われた時は常駐案件を得て常駐型フリーランスとして働いてみましょう。エージェントなどを通じて仕事を探せば、高単価な常駐案件を確保できる可能性が高まります。興味のあるプロジェクトや得意分野をいかせる案件を選ぶこともできますし、人脈づくりにも役立ちます。様々なプロジェクトに関わることで経験値や実績づくりにもなるため、フリーランスのエンジニアにとっては常駐案件に参画することは様々なメリットがあると言えるでしょう。続きを見る

フリーランスの不安ランキング

フリーランスが抱えやすい不安をランキング形式で紹介します。フリーランスのデメリットは、収入が不安定なこと。仕事があれば収入は増えるし、仕事が減れば収入はゼロになります。そして会社員のような各種保障もありません。会社員の場合は怪我や病気で働けない期間があっても、有給休暇や休職制度などにより月々の一定の収入は確保できますし、お見舞金などもあります。しかしフリーランスは、働けなくなった時点で収入の目処が立たなくなります。退職金もないため老後など将来の不安も感じるようです。続きを見る

Copyright © 2015 独立してからわかるフリーランスの不安 All Rights Reserved.