退職金がないフリーランスは小規模企業共済で不安解消!

独立してからわかるフリーランスの不安

フリーランスの不安を解消!

/

  • 「集中力」を高めて生産性向上「集中力」を高めて生産性向上

    フリーランスはいかに生産性を上げることができるか、がとても重要なポイントです。効率の悪さや生産性の低さは収入の悪化だけでなく、自信喪失にもつながります。集中力を高めて生産性を向上するコツを紹介します。

  • 必須条件を決め視野を広げる必須条件を決め視野を広げる

    フリーランスという働き方で手に入る最大の魅力は「自由」です。にも関わらず、自ら自分の行動範囲を狭めていませんか?フリーランスという自由な立場だからこそ、柔軟性をもって視野を広げれば、金銭面の不安を解消できるかもしれません。

  • 漠然とした不安への対処法漠然とした不安への対処法

    フリーランスとして働きだしたものの、将来のことなどあらゆることに漠然と不安を感じている場合の解消法を紹介します。考えて解決できる悩みごとなのか、それとも漠然とした不安なのか、冷静に見つめてみましょう。

  • TECH TECH

  • レバテックフリーランス

THEME TITLE

退職金は小規模企業共済でカバー

退職金は小規模企業共済でカバー

退職金を自分で準備

フリーランスは退職金が出ないので老後の金銭面の不安がある……。そんな人におすすめなのが「小規模企業共済」です。小規模企業共済とはフリーランスをはじめとして、まだ小規模な個人事業主が事業を辞めるときや引退するときに退職金代わりにお金を受け取れるように、前もってお金を積み立てておくという制度です。独立行政法人中小企業基盤整備機構が提供しています。
掛け金は毎月1,000円からはじめられ、最大70,000円まで500円刻みで自由に設定することができるので、誰にでも無理なく始めることができます。仕事がまだ少ない時期でも1,000円なら積み立てることができますし、仕事が増えて収入が多くなったら思い切って70,000円積み立てるのもいいでしょう。例え毎月1,000円でも老後のために積立をしていると思えることが精神的な安定を産み、仕事にも良い作用があるかもしれません。


小規模企業共済のメリット

小規模企業共済に入るメリットは退職金を自分で用意することができるので金銭的な不安が減ること以外にもあります。それは小規模企業共済に積み立てているお金は全額が所得控除になるので、節税になるということです。そのため特に利益を大きく出して税金が高くなりそうな年は分厚く積み立てて税金対策に使うこともできます。
また小規模企業共済に積み立てたお金は掛け金納付期間に応じて、最大で120%額になります。一定期間以下の納付期間の場合は元本割れしてしまう可能性がありますので注意が必要ですが「老後のために貯金ができる」「節税になる」「最大120%に資産を増やすことができる」とメリットは多いです。もう一つのメリットは積み立てている金額の中でなら資金を借りる事ができる「契約者貸付制度」があることです。例えばその時点積立金が合計で200万円だった場合は、その200万円までなら借り入れることができます。長いフリーランス人生は波がありますので、心強い制度だといえます。


小規模企業共済の注意点

小規模企業共済はメリットが多い制度ですが、注意したい点もあります。それは元本割れのリスクです。掛け金納付月額が240か月未満の場合は元本割れしてしまうという事ですので、最低でも20年積立続ける必要があります。早い段階から1,000円からでもいいので積立始めておくと容易に元本割れを防ぐことができるでしょう。逆に40代くらいで小規模企業共済に入る場合は、節税効果と元本割れによる損失を計算して、節税効果のほうが高い場合に加入するのがよいでしょう。
また積立時には節税効果がありますが、最終的に退職金として解約手当金を受け取る段階で課税されるという事を知っておきましょう。ただしこの際も「事業所得」ではなく「退職所得」となるので、課税額は大幅に少なくてすみますので、満期分積み立てた人にとってはデメリットというほどではないかもしれません。


TOPICS

人気記事

仕事の質を確保する「スケジューリング」

フリーランスは仕事の不安をなくすためにも「スケジューリング能力」を高める事が大切です。仕事がなくて不安な時期もあれば、仕事の依頼が一時期に集中してアップアップになってしまうこともあるのがフリーランスのつらいところですよね。一人でこなしていると仕事が集中してしまうことによりミスをしてしまうこともありえます。仕事の質を保つためにはスケジュール管理能力が不可欠なのです。予想外のことが起きても対応できるよう、常に少し余裕をもったスケジュールを組みましょう。続きを見る

節税で老後の資金を貯蓄

フリーランスの不安定な収入の中から老後の資金を貯蓄するのは思っている以上に負担になる場合があります。フリーランスの資金を圧迫する大きな要素が税金です。会社員なら所得税は月々の給料から自動天引きされるため負担に感じることもありませんが、フリーランスの場合は一年分の所得税を一括納付しなければならないため、利益が大きかった年の翌年は資金を用意しておかなければならないのです。余分な税金は納めなくて済むように、節税知識はしっかり身につけておきましょう。続きを見る

重要なのはプラス思考

フリーランスは基本的に不安になることが多いものです。とは言え、くよくよと悩み続けてしまうと自分自身の不安に押しつぶされてしまいます。フリーランスは切り替えの早さと行動力が重要です。マイナス思考に陥ってしまうと、あれこれ不安になって身動きがとれなくなってしまいます。もちろんリスク管理意識をもって考えるべきことを考えるのは大切なことですが、そのことによって行動力が鈍ってしまうのは考えものです。プラス思考で乗りきりましょう。続きを見る

特集記事

退職金は小規模企業共済でカバー

「退職金がない」というのもフリーランスの不安要素のひとつです。廃業時やリタイア後の資金を自ら貯めておかなければなりません。このような老後の金銭面の不安解消には小規模企業共済が役立ちます。小規模企業共済は個人事業主の退職金がわりになるもので、月々の掛け金は1,000円から500円きざみで加入できます。自分の収入に応じて負担にならない金額から始められるというのはフリーランスにとって大きなメリットといえるでしょう。続きを見る

常駐案件で営業いらず

金銭面の不安、孤独の不安に襲われた時は常駐案件を得て常駐型フリーランスとして働いてみましょう。エージェントなどを通じて仕事を探せば、高単価な常駐案件を確保できる可能性が高まります。興味のあるプロジェクトや得意分野をいかせる案件を選ぶこともできますし、人脈づくりにも役立ちます。様々なプロジェクトに関わることで経験値や実績づくりにもなるため、フリーランスのエンジニアにとっては常駐案件に参画することは様々なメリットがあると言えるでしょう。続きを見る

フリーランスの不安ランキング

フリーランスが抱えやすい不安をランキング形式で紹介します。フリーランスのデメリットは、収入が不安定なこと。仕事があれば収入は増えるし、仕事が減れば収入はゼロになります。そして会社員のような各種保障もありません。会社員の場合は怪我や病気で働けない期間があっても、有給休暇や休職制度などにより月々の一定の収入は確保できますし、お見舞金などもあります。しかしフリーランスは、働けなくなった時点で収入の目処が立たなくなります。退職金もないため老後など将来の不安も感じるようです。続きを見る

Copyright © 2015 独立してからわかるフリーランスの不安 All Rights Reserved.