フリーランスが抱える能力面の不安はスケジューリングで解消しよう

独立してからわかるフリーランスの不安

フリーランスの不安を解消!

/

  • 「集中力」を高めて生産性向上「集中力」を高めて生産性向上

    フリーランスはいかに生産性を上げることができるか、がとても重要なポイントです。効率の悪さや生産性の低さは収入の悪化だけでなく、自信喪失にもつながります。集中力を高めて生産性を向上するコツを紹介します。

  • 必須条件を決め視野を広げる必須条件を決め視野を広げる

    フリーランスという働き方で手に入る最大の魅力は「自由」です。にも関わらず、自ら自分の行動範囲を狭めていませんか?フリーランスという自由な立場だからこそ、柔軟性をもって視野を広げれば、金銭面の不安を解消できるかもしれません。

  • 漠然とした不安への対処法漠然とした不安への対処法

    フリーランスとして働きだしたものの、将来のことなどあらゆることに漠然と不安を感じている場合の解消法を紹介します。考えて解決できる悩みごとなのか、それとも漠然とした不安なのか、冷静に見つめてみましょう。

  • ワンダーリスト

  • トレロ

THEME TITLE

仕事の質を確保する「スケジューリング」

仕事の質を確保する「スケジューリング」

前倒しに組む

フリーランスはスケジューリングの能力も大切です。きちんとしたスケジュールを作っておくと不安感を感じることがなく仕事を進めることができます。能力以上の仕事をすることも可能になります。
まず大切なのが「前倒しでスケジュールを立てる」ということです。人によっては「締め切りが近づかないと仕事ができない」という言う人がいます。確かに締め切りギリギリになると集中力が上がるので、否応なく仕事ができるようになります。しかし「質の高い仕事をする」という観点で言うとこのタイプの働き方はおすすめできません。締め切りから逆算してスケジュールを立てるのが基本ですが、締め切りの少なくとも一日前には完成をさせるような前倒しのスケジュールを立てることが大切です。
完成させた後に見直す時間ができるので、仕事の質は確実に上がります。また取引先から急な注文が来たりトラブルが起きたりしても落ち着いて対応することができます。特にクリエイティブな仕事の場合は締め切りギリギリで頭をかきむしりながらアイデアを出すよりも、余裕を持って楽しみながら仕事をした方が良い仕事ができると思います。

余裕のあるスケジュール

次に大切なのが「余裕のあるスケジュールを組む」ということです。フリーランスになりたてで張り切りすぎている人に多いのがスケジュールの詰め込みすぎです。「自分の調子がよければすべての仕事をこなせる」といったスケジュールを組みがちです。しかし実際にはずっと調子が良いわけもなく、体調が悪く頭が働かない日も当然あります。すると徐々に計画通りに仕事が進まなくなり、一日数時間の仕事の進行の遅れが一週間では一日遅れになってしまいます。結果的にどこかで徹夜をして無理な仕事をしなくてはならなくなり疲弊してしまいます。
その次の週の仕事の効率は落ちてしまいますので結局生産性が落ちてしまうことになります。コツは自分に期待しすぎないことです。調子が悪い日があることも頭に入れた上で無理のない余裕のあるスケジュールを組みましょう。

スケジュール通りいかないは当たり前

そして最後に大切なのは「スケジュール通りいかないのは当たり前」だということです。なぜなら世界は自分ひとりで出来ているのではなく周囲の環境に依存して生活をしているからです。取引先から突然の依頼があったり、家族から頼まれごとがあったり、PCが急に故障することもあるでしょう。もちろん自分が風邪をひいてしまい仕事が進められないこともあるはずです。スケジュール通りいかなくても落ち込んだり不安になる必要はありません。どうしてスケジュール通りいかなかったのかを分析して、次のスケジュールを組むようにすればスケジューリング能力は徐々に上がっていきます。トラブルが起きる周期をなんとなく察知し、家族の状況などを見ながら無理のないスケジュールを組めるようになっていきます。そして10年単位などの長い目で見て計画通りに進んでいれば問題ありません。

TOPICS

人気記事

仕事の質を確保する「スケジューリング」

フリーランスは仕事の不安をなくすためにも「スケジューリング能力」を高める事が大切です。仕事がなくて不安な時期もあれば、仕事の依頼が一時期に集中してアップアップになってしまうこともあるのがフリーランスのつらいところですよね。一人でこなしていると仕事が集中してしまうことによりミスをしてしまうこともありえます。仕事の質を保つためにはスケジュール管理能力が不可欠なのです。予想外のことが起きても対応できるよう、常に少し余裕をもったスケジュールを組みましょう。続きを見る

節税で老後の資金を貯蓄

フリーランスの不安定な収入の中から老後の資金を貯蓄するのは思っている以上に負担になる場合があります。フリーランスの資金を圧迫する大きな要素が税金です。会社員なら所得税は月々の給料から自動天引きされるため負担に感じることもありませんが、フリーランスの場合は一年分の所得税を一括納付しなければならないため、利益が大きかった年の翌年は資金を用意しておかなければならないのです。余分な税金は納めなくて済むように、節税知識はしっかり身につけておきましょう。続きを見る

重要なのはプラス思考

フリーランスは基本的に不安になることが多いものです。とは言え、くよくよと悩み続けてしまうと自分自身の不安に押しつぶされてしまいます。フリーランスは切り替えの早さと行動力が重要です。マイナス思考に陥ってしまうと、あれこれ不安になって身動きがとれなくなってしまいます。もちろんリスク管理意識をもって考えるべきことを考えるのは大切なことですが、そのことによって行動力が鈍ってしまうのは考えものです。プラス思考で乗りきりましょう。続きを見る

特集記事

退職金は小規模企業共済でカバー

「退職金がない」というのもフリーランスの不安要素のひとつです。廃業時やリタイア後の資金を自ら貯めておかなければなりません。このような老後の金銭面の不安解消には小規模企業共済が役立ちます。小規模企業共済は個人事業主の退職金がわりになるもので、月々の掛け金は1,000円から500円きざみで加入できます。自分の収入に応じて負担にならない金額から始められるというのはフリーランスにとって大きなメリットといえるでしょう。続きを見る

常駐案件で営業いらず

金銭面の不安、孤独の不安に襲われた時は常駐案件を得て常駐型フリーランスとして働いてみましょう。エージェントなどを通じて仕事を探せば、高単価な常駐案件を確保できる可能性が高まります。興味のあるプロジェクトや得意分野をいかせる案件を選ぶこともできますし、人脈づくりにも役立ちます。様々なプロジェクトに関わることで経験値や実績づくりにもなるため、フリーランスのエンジニアにとっては常駐案件に参画することは様々なメリットがあると言えるでしょう。続きを見る

フリーランスの不安ランキング

フリーランスが抱えやすい不安をランキング形式で紹介します。フリーランスのデメリットは、収入が不安定なこと。仕事があれば収入は増えるし、仕事が減れば収入はゼロになります。そして会社員のような各種保障もありません。会社員の場合は怪我や病気で働けない期間があっても、有給休暇や休職制度などにより月々の一定の収入は確保できますし、お見舞金などもあります。しかしフリーランスは、働けなくなった時点で収入の目処が立たなくなります。退職金もないため老後など将来の不安も感じるようです。続きを見る

Copyright © 2015 独立してからわかるフリーランスの不安 All Rights Reserved.